SphynxRazor



科学によると、深夜のツイートは翌日、この大きな影響を与える可能性があります

Twitterをうっかりスクロールしていたために、思ったより遅く起きたことがありますか? TBH、私はほとんどの人がいつか持っていることに賭けるつもりです(毎晩ではないにしても)。私は個人的に深夜のつぶやきにあまりにも頻繁に罪を犯しています。でも、それは ソーシャルメディアで眠りを失う まったく価値がありません。新しい研究の結果によると、夜遅くまでソーシャルメディア(特にTwitter)を熟読することは、睡眠スケジュールに悪いだけではありません。おそらく翌日の気分にもかなりの影響を及ぼしているでしょう。

ジャーナルに掲載された新しい研究睡眠の健康、以上含まれています 2009年から2016年の間に112人のNBAプレーヤーからの37,000件のツイート 、そして午後11時の間に頻繁にツイートしたプレーヤーが見つかりました。予定されているバスケットボールの試合の前の午前7時は、得点が少なく、リバウンドも少なかったとハフィントンポストは報じています。言い換えれば、深夜のツイートやスクロールは、睡眠能力を妨害するだけでなく、翌日も文字通りゲームから離れてしまう可能性があります。

研究者は確かに従事したNBAプレーヤーが 深夜のツイートでは、ゲーム時間のパフォーマンスが低下しました 調査の著者は、就寝時にTwitterを利用しなかったプレーヤーよりも、深夜のツイーターがバスケットボールの試合ごとに非ツイーターと比較して平均2分少ないことを指摘しました。ハフィントンポストによると、休息していた人とそうでない人がいた」とのことです。

「より広義には、深夜のソーシャルメディア活動の使用は、他の社会的、職業的、および身体的パフォーマンスに基づく状況での睡眠不足の有用な一般的な代理として役立つ可能性があります」と研究の著者は結論付けました。翻訳:あなたがNBAプレーヤーでなくても、深夜のスクロールはおそらくあなたに何の恩恵も与えていません。




あなたのことはわかりませんが、ソーシャルメディアプラットフォームで遅くまで起きているとき、あるいは電話を切って実際に私の睡眠を優先し、私はこの地球を歩くための最も勤勉でバランスの取れた女神のように感じます。

でも、わかりました。最近では、スマートフォンを何気なくベッドに忍び込ませて、Instagramの自撮り写真やTwitterのミームに流されてしまうのは簡単です。気が付く前に、午前2時なので、4時間以内に起きなければなりません。私たちは皆そこにいましたが、おそらく新年にソーシャルメディアで少しダイヤルバックすることを決心する価値があるかもしれません。


結局のところ、目をつぶるのは深夜のスクロールだけではありません。医学雑誌に掲載された最近の研究小児科法そのことを示した わずかな費用でソーシャルメディアを使用する 一時間 1日悪影響を与える可能性があります あなたの睡眠スケジュール。うわぁ。

しかし、ここでの解決策は、ソーシャルメディアにアクセスしたり、携帯電話を使用したりしないことを解決するほど、オールオアナッシングである必要はありません。おそらくそれは、地下鉄のように、通常はスクロールして時間を渡すことができるときに、ソーシャルメディアから一時的に休憩する週に1日から始めるのと同じくらい簡単かもしれません。あるいは、就寝時に携帯電話を別の部屋に置いておき、代わりに古き良き目覚まし時計を使用することもできます。ここで大幅な変更を行う必要はありません。達成できることがわかっていることに固執すれば、残りの部分は適切に機能します。